【2020年5月ローンチ】 Google ファインドキャンペーン

 (595)

Google 広告において、2020年5月に「ファインドキャンペーン」が新しくローンチされたようです。
※これまではベータ版での配信に限られており、ホワイトリスト申請をしないと配信することができませんでしたが、今回のローンチにより、全広告アカウントでの利用が可能。
ファインド広告は、以下の3つの配信面に配信されます。
・「YouTube Home Feed」
・「Gmail」
・「Discover Feed」

早速 自社広告を入稿してみました。

YouTube動画再生フィードでの広告プレビュー

YouTube動画再生フィードでの広告プレビュー

YouTubeをスマホで視聴する場合 下に出るので非常に良質な面です。
ディスカバーの広告プレビュー

ディスカバーの広告プレビュー

Googleアプリなどを使っていると 個人の趣味嗜好に合わせたFEEDがでますが
そこに広告が出るので非常に良質な面です。

Googleファインド広告 ポイント

(1)配信面
ファインドキャンペーンの場合は、 Discover 、 YouTube Home Feed 、 Gmail の3つの配信面に限られますが、利用ユーザーは20億人を超えており、幅広いユーザーに対して広告を配信することができます。

(2)ターゲティング
ファインドキャンペーンでは、Cookie を使用する代わりに、 Google のログインユーザーの情報を活用し、ユーザーの動向を使ったより精度の高いターゲティングが可能。

(3)クリエーティブ
GDN では、画像1枚のイメージ広告や、成果に合わせて自動的にクリエイティブが最適化されるレスポンシブ、カルーセルの出稿が可能です。

(4)入札単価
ローンチされたばかりの新配信のため、現在なら比較的安い単価で広告を配信することができる可能性があります。

注意事項など

画像に含まれる「行動を促すフレーズ」の要素
以下は許可されません。

クリック可能なテキストやボタンなどの行動を促すフレーズ、またはそれらを模倣したような要素(クリック可能かどうかを問わず)が含まれる画像

これらの要件に合うように画像を編集できない場合は、ポリシーを遵守している別の画像をアップロードしてください。また、画像がファインド キャンペーンのガイドラインを遵守するようにしてください。不承認となった広告や広告表示オプションの修正についても合わせてご確認ください。
ファインド広告フォーマットの要件

関連する記事

関連するキーワード

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く