2019年クリスマスの香港 X-mas in HongKong

 (455)

筆者個人として、香港は馴染みがあり姉が20年くらい前に香港で働いていたこともあり、高校生大学生時代に数回訪れた。でもそれは1999年の香港返還前であり当時はUKの統治下にあって、アジアでありながらUKの影響を大きく受けた独特の雰囲気が好きだったこともあった。それから約20年香港を訪れることはなかったが、LCC HKexpressの価格を見て香港旅行を決めた。
私の住んでいる広島から香港まで片道3000円!しかもクリスマス
 (458)

日々報道される香港情勢 激しい衝突

香港への旅行を決めたのは秋頃で、クリスマス12月24日発29日戻が一人3000円(HKexpress)の破格の値段となっていた。LCCなので早めの購入などタイミングで随分価格は変動するが、この絶好の時期にこの価格には驚いた。正直、デモもあり香港ではなく台湾かシンガポールを検討していたが、どう計算してもこの価格を下回る行先は見つからなかった。

香港への旅行を決めてから、日々報道される香港情勢は益々気になっていたし、日々激しさを増していた。なんとか香港選挙で民主派圧勝ということで おちつき を見せることに期待するしかなかった。

友人知人からも年末の予定を聞かれ、「香港に行く」と答えると一様に「この時期に!」と驚かれたし当然だとも思った。こういったこともあり、飛行機代は安く、ホテルも随分安く手配ができたといえる。

実際のところのデモや警察との衝突は?
12月24日私が尖沙咀に到着した時は街はクリスマスムード満点、人でごった返していた。
しかし、ところどころ武装した香港警察がおり、少し怖いと感じた。
Newsにもあるようにところどころ、この日も衝突があった模様だが、大規模なデモが起きた様子はない。
私が滞在したホテル近隣のハーバーシティー(海港城)でも21時頃 火災報知器のような音がなり香港警察と市民が小競り合いになっていた。

警察との小競り合いは起こっているが 香港全体が戦場なわけではない

報道を見ると香港全体が危険な印象をどうしても受けてしまうし、当然100%安全とは言い切れないが、今日も香港は元気で多くの人が活き活き生活しているし、高級ブランド店も22時くらいまで元気に営業中です。そんな平和な街に完全に水を差してしているのは、むしろ香港警察。なんか横暴な印象をうける。
これはちょっと世界の世論が香港警察おかしいと と教えてあげる必要すら感じます。

なんなんだ このギャップは

 (465)

ディズニーランドはクリスマス真っ最中で、さすがにこの日だけは普段はガラガラの香港ディズニーランドも多くのアトラクションで15分から30分待ちが続出。まったくデモの影響関係なしで全力でクリスマスをやっておりました。

市内のホテルまで帰るのに地下鉄かTAXIか迷いましたが、疲れたのでTAXIを選択。ざっくり3000円で家族4人安らかにホテルまで送ってくれましたが、どうやらこのタイミングでも衝突があったらしくTAXIにしてよかった。
BIG GRIZZLY MOUNTAIN

BIG GRIZZLY MOUNTAIN

TDL[であれば1時間から2時間待ちがあたりまえ。しかし香港ではもっとも込み合うクリスマスで15分待ち。普段だと0分待ちだ!

結論 警察のと衝突に注意は必要だが 十分 観光できるくらい 街は元気

個人的には「香港への旅は注意は必要だが、中国本土からの観光客激減などで今は香港ねらい目」の観光地です。むしろ交通費、宿泊費が価格が下降しており、安く楽しめる英語圏である。

関連する記事

関連するキーワード

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く