出産祝いの相場金額

出産祝いを選ぶ際は、相手との関係性によって金額を変えるようにしましょう。目安は次のとおりです。

・職場の同僚など…3,000円~5,000円
・友人、知人など…5,000円~1万円
・親戚など…5,000円~1万円
・兄弟、姉妹など…1万円~3万円

ただし、「4万円」「9,000円」など、「死(4)」「苦(9)」を連想させる数字は避けるのがマナーです。複数人で出産祝いを贈る場合も上記の相場で選び、相場を人数で割った金額を1人ずつ負担します。

出産祝いを贈る時期

出産祝いを贈る時期は、生後1週間~1カ月程度が目安です。出産は何があるかわかりません。無事に生まれたことを確認してから贈ってください。また、妊婦も家族も出産前は慌ただしいため、出産前に出産祝いを贈るのは避けましょう。出産前に出産祝いを贈ることを不吉とする地域もあります。

出産祝いにおすすめの祝い品

赤ちゃん用の服/ベビーウェア

出産祝いに何を贈ったらいいのか迷う人もいるでしょう。ここでは、おすすめのお祝いの品を紹介します。
ミルクをこぼしたり汗をかいたり、赤ちゃんは何かと着替えることが多いです。生後1カ月を過ぎるとお出かけの機会も増えるため、子ども用の服やスタイは何着あっても困りません。50~60cmなどの新生児のサイズは着られる期間が短いため、1歳ごろから長く着られる80~90cmサイズがおすすめです。

おもちゃ

色や音、感触など、成長にあわせて楽しめるおもちゃも出産祝いにぴったりです。初めての出産の場合などはお世話に精いっぱいで、月齢にあったおもちゃを選ぶまで手が回らないことも少なくありません。複数人のグループで贈る場合は、自分で買うとなるとなかなか選びにくいような、少し高価な大きめのおもちゃを選ぶのもよいでしょう。

おむつケーキ

おむつケーキは赤ちゃんの必需品である、おむつをケーキのようにデコレーションした贈りものです。毎日使うおむつはいくらあっても多すぎることはありません。おむつケーキの中には、タオルやおもちゃがセットになっているものもあります。見た目のかわいさと実用性を兼ねた出産祝いの定番です。

おかしやリラックスグッズ

出産祝いというと赤ちゃんのためのものを選びがちですが、出産・育児を一生懸命頑張っているママのためのグッズを贈るのも喜ばれます。出産祝いには、ママの好きなお菓子やリラックスグッズが人気です。ママのリラックスした笑顔は、赤ちゃんや旦那さんも笑顔にします。ただし、お菓子を選ぶ際は母乳に影響のないものを選ぶようにしてください。

カタログギフト

カタログギフトなら、ママやパパが自分たちで必要なものを選べます。赤ちゃんに必要なものはもちろん、赤ちゃんのお兄ちゃん・お姉ちゃんのためのプレゼントを選ぶこともできます。相手の好みや今必要なものがわからないなど、何を贈ったらいいか迷ったときはカタログギフトがおすすめです。

ほしいものを本人に聞いてもよい

出産祝いを贈るとき、何が欲しいか本人に聞くのはマナー違反ではありません。相手がリクエストしやすいよう「予算〇円くらいで出産祝いを贈りたい」「出産を頑張ったあなたのために贈りたい」「赤ちゃんのために必要なものを教えてほしい」など、予算や贈る相手(ママ・パパなのか、赤ちゃんなのか)を明確に伝えると親切です。

関連する記事

関連するキーワード

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く