一戸建てORマンション この闘いに終止符を!

「マンションでギャン泣きされるとご近所の目が気になって神経がすり減る…早く戸建てに住みたい!」
「トイレ2つ無いと絶対無理じゃん、絶対戸建て。」
「早いとこ目黒の土地持ち男と結婚しなきゃ。2LDKのマンションより5LDKの戸建て!」
内容はさておき、友人たちはやや戸建て希望が多い模様。
私は先日、築15年の中古マンションを購入。そして脳内の20%程度を占める目下の悩みはこの私城の値崩れについて。およびすでに高額となっている修繕積立金、マンション内の高齢化…。しかし、本当に気になっていることは夫にはとても打ち明けられないが【戸建て空き家リノベーション】である。まったくもって無い物ねだりでしかない。仰々しいタイトルで始めてはみたものの、一人の人間の脳内でさえ決着がつかないものに終止符など打てる筈もない。
せめて、夫婦でマンション派と戸建て派で分かれてしまった時の参考程度になればと、それぞれの長短を浅い所で語ってゆきたいと考える。

1.結論から言うと両成敗、自分の好みに合わせるためのチェックポイント

戸建てで生まれ育ち、マンションで暮らす今、どちらも経験して言えることはどちらにもメリット・デメリットがあり、どっちもどっちということ。
では比較しやすいチェックポイントとは?
・購入費、固定資産税、光熱費、維持費などの費用面
・環境、気温、防犯対策などの過ごしやすさに関わる生活面
田舎か都会か、新築か中古か、鉄筋か木造か、何階建てか…マンションと戸建てを比べるにあたっての要素をあげるとキリがないので今回は広島市内の2階建ての木造一戸建てと15階建ての鉄筋マンションを想定したいと思う。

2.マンションのメリット・デメリット

マンションのメリットとは?
立地が良く、周辺環境の変化により購入時よりも値上がりすることもあり、結果として投資になるというドリームがある。資産価値が高い分、維持するために費用がかかるが、価値が下がりにくく住み替えがしやすいともいえる。
フラットなため家事がしやすく、高齢になっても暮らしやすい。ワンフロアで手狭と感じる部分もあるが、そのぶん光熱費も安く済む。
マンションは多くの家庭が入居したいと思える環境・立地に建てるもの。そのため駅近など交通の便もよく、スーパーや学校が近い便利な場所にあることが多い。駐車場代をデメリットとして挙げているが、都心部では車を持たない家庭も多い。また、立地や周辺環境、金額により住民の質が窺える。中古マンションであれば綿密に下調べをすることも可能だ。居住者同士のコミュニティも形成されやすい。共用部の清掃等は管理会社に一任でき、管理人の常駐や防犯カメラの設置によりセキュリティは万全。玄関の鍵を閉めるだけで防犯対策が完了するのは魅力のひとつだ。他にも宅配BOXがあったり、大きなマンションだとジムがあったり、などマンション特有のメリットはこの他にも沢山ある。
マンションのメリット
・資産価値が下がりにくく、転売しやすい
・フラットで暮らしやすく光熱費も安上がり
・立地的に利便性に長けていることが多く、住民の質がわかりやすい
・日当たりや風通しがよく、共用部の管理・清掃を管理会社に一任できる
・玄関の鍵を閉めるだけで防犯対策完了、暮らしに役立つ設備が充実
マンションのデメリットとは?
一戸建てで土地があればかかることのない駐車場代。ローンを払い終わっても続くと考えると、都心部であれば大きな負担になる。また修繕積立金は築年数を経るにつれて値段が上がっていく。固定資産税を比べてみると、マンションは建物としての価値がなかなか減らないことから、一戸建ての方がゆくゆくはかなり割安となる。しかし管理費や修繕費がかかること、固定資産税が高いことについては、資産価値の維持に繋がるためメリットともなりうる。
マンションではペット禁止や自転車置き場の台数制限など、ルールがあり自由が少なく、戸建てと比べると窮屈に感じることもある。長所としてコミュニティ形成を挙げたが、壁一枚を隔てた隣に他人がいるため、赤ちゃんの泣き声や足音などの音問題や迷惑行為によるトラブルとの隣り合わせでもある。
マンションのデメリット
・管理費・駐車場代は永遠に続く
・修繕積立金は年々高くなり、固定資産税が高い
・近所トラブル、自由が少ない

関連する記事

関連するキーワード

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く