資生堂 がん治療による外見上の変化へのアドバイスをまとめた小冊子を発行

 当社はこれまで、医療機関やがん支援団体などと共に、美容情報を研究・構築しメイクアップアドバイスを実施してきました。これらの活動を通じて、蓄積してきた美容情報を小冊子に編集することで、多くのがん治療中の方々やその家族、医療関係者などがより充実した情報を手軽に活用いただけるようになります。

《「がん患者さんのためのBeauty Book」について》
 「がん患者さんのためのBeauty Book」は、がん治療によって起こりやすい肌の悩み、眉・まつ毛の脱毛、ヘアケア、ハンドケアなどの悩みが気になるという方に向け、化粧のちからで自分らしく過ごしていただくために発行されたリーフレットです。治療の副作用はさまざまで、いつもより肌がデリケートに感じたり、眉毛が脱毛することで、眉の描く位置が分かりにくくなり、汗が目に入りやすく感じる方もいます。また、まつ毛の脱毛が生じることで、目もとの印象がぼやけて見える、目の中にほこりが入りやすく、涙目になりやすいなどの症状もあります。その他、指先の乾燥や、爪のひび割れなどに対応するハンドケアやヘアケアも加え、患者特有のお悩みに合わせた美容情報としてまとめています。

関連する記事

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く