月平均300名をカットした散髪屋のこだわりの逸品

 (481)

「日本の四季。気温や湿度が大きく変化する中でビジネスやプライベートなど様々なシーンで活躍するジェントルマンの為のグルーミングブランド。変化する季節や年齢と共に時を刻む。」をコンセプトに一人の散髪屋が開発したスタイリング剤が登場

磯見裕介 月平均300名をカットした散髪屋

会員制男性向けのヘアサロン「BAR BER BAR」のオーナー

株式会社SMITH.COM代表取締役

男性のお客さまとの会話がきっかけとなり、かつて街の光景としてよくみることのできた“散髪屋さん”を目指し、2014年、お客様を男性に絞ったヘアサロンをオープンされました。
一人一人のお客様とのコミュニケーションを大切に関係を築いていきたいという想いを持つ磯見さん、スタイリングや頭皮のケアについてなど、カット以外のことも熱心に丁寧に伝えることを徹底されているそうで、忙しく働く男性のお客様にもっとオシャレを楽しんでもらいたいとこれまで「BAR BER BAR」というお店の場づくりをされてきたそうです。

関連する記事

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く