ATEM Mini Pro ISOをゲット

 (1130)

Youtube動画を制作する際にもっと効率的なやり方は無いものか?やはりビデオスイッチャーは必要?と思って探していたらBlackmagic Design社のATEM Mini Pro ISO  に出会ったのでした。
このアイテムは優れものでありながら結構安い!私はAMAZONで76000円で購入しました。
ローランドもスイッチャーを出しているものの結構値が張るし、使いこなせるか?わからない状態でしたが、これくらいの価格帯なら手が出しやすいのと、Youtubeで結構な数のレビューがあって、それらを見て購入を決定。

あわせて購入のメインカメラ パナソニック 4K ビデオカメラ HC-VX992MS

普段はどっちかっていうとSONY派の私ですが今回はYoutubeでレビューを見てパナソニックにしました。
シンプルな機能面と軽い!ということが決めてでした。
こういった以前からある家庭用ビデオカメラとATEMminiをつなげる際に気にしておかないといけないのが
HDMIスルーです。
HDMIスルーとは、カメラが映し出した映像をATEMに取りこんだ際に撮影の補助となるアイコンやらなんやらを出なくしてくれる機能で、機器選びの落とし穴になります。
実際このパナソニックHC-VX992MSもHDMIスルーのことは取り扱い説明書などでは記載が不十分。
ビデオカメラですからそのまま録画することをメーカーとしては想定しているのでしょう。

HC-VX992MS はHDMIスルーできる?

HC-VX992MS はHDMIスルーできるのですが、少し落とし穴がありました。
①カメラのミニモニターを180度回転して自撮りモードにする
②顔検知をオフにする
 (1137)

最初にATEMにつないだ時に「やばっ」となりました。HDMI出力しカメラからATEMにつないだ時に録画のモード表示といいますか アイコンが消えないのです。
ネットをけっこう探しましたが すごく見つけにくい 何かの質問箱の回答欄にミニモニターを180度ひっくりかえせば消えるとありました。

その次にひっかかったのが顔検知の四角い線が人の顔にあわせて出てしまいます。
これはカメラの設定でOFFにできますが、ミニモニターをタップしてようやくMENUボタンがあり、ちょっと見つけにくい仕組みです。

関連する記事

関連するキーワード

著者

この記事へのコメント

コメントはまだありません

コメントを書く